もえしょくMAP > 静岡県 自由型 > 桜えび > 作品番号:61027

エビ目(十脚目)・サクラエビ科に属するエビの一種。 深海に生息する小型のエビ。主に駿河湾で捕獲される。全体は半透明だが体の一部に赤い色素を含み、そこが薄い桜色に見えることがこの名前に由来する。 現在、日本の食卓に流通するさくらえびは全てこの駿河湾で捕獲されたもの。サクラエビ漁が盛んに行われるようになったのはまだ明治時代と、その歴史は浅く現在の様な禁漁期を制定し管理された形で運営されたのも古代の話ではない。 静岡県内では由比漁港が有名。年1回行われるサクラエビ祭りには毎年県外から多くの観光客を集め、その日だけで大量のサクラエビが振舞われる。 これも静岡ならではの光景として認知されてきた。


■桜えび擬人化エントリー作品

掲載中の商標、意匠に関する一切の権利はそれぞれの関係企業様に帰属しております。
また絵師様による作品は製品に対する強い思いから創作されており、地域を盛り上げる目的のみで掲載させて頂いておりますが表現方法等に問題がございましたら弊社までご連絡下さい。 直ちに対応させて頂きます。

名前は桜井えびのちゃん。

髪型がさくらえびのかたち、着物がさくらえびの模様になっています。

さくらえびの「さくら」と、由比の街の花である「桜」から桜の飾りをつけています。

作家(絵師)様の描いた大切な作品です。作品の無断掲載・無断使用は固く禁止しております。
ページの先頭へもどる
いちご
うなぎ
おまち
お茶
しずおかおでん&黒はんぺん
しらす
にじます
みかん
わさび
バナナワニ園(c)
プラモデル
メロン
三保の松原
天竜川
富士山
富士川
桜えび
楽器
水産物加工
温泉
葛湯(くずゆ)
静岡のお菓子
静岡の産業
静岡の観光
静岡県
駿河湾
ページの先頭へもどる